為替損益で利益を狙うのがFX

FXとは、為替損益で利益を狙うものです。
りんご1個を100円とします。この場合、りんご1個に相当する価値が100円にないと交換してくれません。このように、物と買う時にお金を出しますが、そのお金に価値が無いとただの紙切れと交換することになります。そして、その価値は、日本のお金と、海外のお金では価値が違います。その差で利益をあげるのが為替損益です。

もう少し簡単に説明します。りんご1個を100円で購入しました。その後にりんごの価値が120円に上がり、そのりんごを売ると20円の利益がでます。逆にりんごの値段が80円に落ちますと、20円の損をすることになります。それが、外貨にもあてはまります。2017年の4月11日ですと、1ドルが110円です。

FXでは、ドルと円をドル/円、ユーロと円をユーロ/円といった表記になります。
この他にもいろいろな通貨があり、ポンドや豪ドル、ニュージーランドドル、人民元、カナダドル、会社によっては馴染みのない南アフリカランドやブラジルレアル、トルコリラなどの通貨があります。
円との交換以外にもユーロ/ドルのように、他国同士の通貨を選ぶこともできます。このことを通貨ペアといいます。FXではこの通貨ペアを選んで取引します。

しかも、FXは株とは違いドル/円が上がっても下がっても利益を出すことができます。なので、いつでも利益を得ることができるのが利点です。(そう簡単にはいかないですが。笑)

買ったり、売ったりすることをエントリーするといいます。では、何を基準にエントリーするのでしょうか?それをサポートしてくれるのがテクニカル分析やファンダメンタルといったものです。
テクニカル分析の中には、有名なもので移動平均線やボリンジャーバンドというのがあります。移動平均線は、何日間の平均を線で表してくれます。為替は平均を維持したがるので、移動平均線の方によっていくといわれています。
ファンダメンタルは、日銀総裁の発言等のことをいいます。

FXは難しいというイメージがありますが、なにをやるにしても最初は難しいものです。この記事で、FXに少しでも興味を持ってくれる人が増えれば嬉しいです。

初心者から始めるFXというサイトはFXの基礎的なところから実践的なテクニカル分析の話まで細かく書かれているますので、これから始めようと思っているFX初心者の人にはおすすめのサイトです。